イラク政府軍は15日深夜、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するモスルの西部に向け、住民に自宅待機を求める文書を上空から散布し始めた。「車やバイクによる移動は今後、すべて空爆の対象とする」としている。ISの最大拠点モスル全域の奪還に向け、作戦は最終段階に入ったとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます