神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、小学6年生だった土師(はせ)淳君(当時11)が亡くなってから24日で20年になる。父親の守さん(61)は朝日新聞の取材に応じ、淳君への思いや被害者支援について語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます