世界保健機関(WHO)の事務局長選挙が23日のWHO総会である。アフリカから初の事務局長就任を目指すテドロス・アダノム元エチオピア保健相(52)が来日し、朝日新聞のインタビューに応じた。テドロス氏はWHOの現状について、人員や財政の不足に加え、NGOや他の国際機関との連携に課題があると指摘。「組織…

無断転載・複製を禁じます