前回は、部下の望ましい行動を一度きりにしないためには、ポイントや到達度などを「視覚化」して、行動を維持できるようにする工夫についてお伝えしました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます