防衛省は1日、海上自衛隊の護衛艦2隻と航空自衛隊のF15戦闘機部隊が、米海軍の原子力空母「カールビンソン」と「ロナルド・レーガン」の2隻の空母艦隊と日本海で共同訓練を実施したと発表した。防衛省によると、自衛隊の部隊が2隻の米空母と同時に訓練したのは、記録を確認できる過去30年間で例がないという。軍事的挑発を続ける北朝鮮に日米の連携姿勢を示す狙いがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます