地球から約600光年離れた恒星を周回する惑星の表面温度が約4300度に達することを、東京大や国立天文台、米航空宇宙局(NASA)などの国際研究チームが明らかにした。観測した電波のデータを分析した結果で、これまで分かっているなかで最も表面温度が高い惑星だという。5日付の英科学誌ネイチャーに発表する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます