野外で生息する国内のコウノトリが今月中にも100羽を超える見通しとなった。野生のコウノトリは46年前に絶滅したが、人工繁殖を経て、2005年に兵庫県豊岡市で放鳥されて以来、徐々に生息数が増加。現在、秋田を除く46都道府県で飛来が確認されている。日本の空を舞うコウノトリが普通に見られる日が少しずつ近づいている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます