2020年東京五輪で追加種目として復帰したソフトボールの日本代表候補のメンバーが、7日に行われた会見で華やかにメイクアップして登壇した。目指すは「金メダル」とあって、ネイルも顔にほどこしたラメもおそろいの金色。エースの上野由岐子(ビックカメラ高崎)は「生まれて初めてぐらいの化粧をした。ゴールドのメイクとロゴで意識が高まった」と照れ笑いしながら、意気込みを語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます