フランスの自動車大手ルノーは15日の株主総会で、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)に2016年の報酬として総額約700万ユーロ(約8億6800万円)を支払う議案を賛成多数で承認した。採決(議決権ベース)の結果は、賛成が53%、反対が47%とわずかの差だった。AFP通信によると筆頭株主のフランス政府は反対したという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます