大阪府大東市の総合病院、野崎徳洲会病院で2013、14年に行われた一部の心臓手術の死亡率が全国平均の3倍以上だったことが、日本心臓血管外科学会の集計でわかった。学会は、スタッフが少ない診療体制で、余裕の無さなどを指摘する報告書をまとめ、病院側に改善を促した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます