川越八幡宮(川越市)の境内で17日、伝統の「こども相撲」が開かれた。近くの民部神社(相撲神社)で数十年続いた行事だったが、40年余り前に八幡宮へ合祀(ごうし)され行われなくなっていたのを、氏子青年会の有志らが復活させて10回目。今年は小学校対抗戦も組まれ、詰めかけた保護者や観光客が、熱戦に大きな声援を送っていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます