サウジアラビアのサルマン国王(81)は21日、王位継承順位1位のムハンマド・ナエフ皇太子(57)を解任し、自身の息子ムハンマド・サルマン副皇太子・国防相(31)を皇太子に昇格させる勅令を発表した。国防相としてイランに対する強硬姿勢を取る一方、経済のかじ取り役である経済開発評議会議長として、経済改革…

無断転載・複製を禁じます