鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)の郭台銘(かくたいめい)会長は22日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」売却の入札について、経済産業省の担当局長の実名を挙げて、「鴻海の邪魔をした」と、日本政府の姿勢を批判した。東芝は、政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米韓連合」を優先交渉相手に選んでおり、鴻海は劣勢に立たされている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます