国鉄の分割民営化でJRが発足して30年。接客がよくなり、ストがなくなったと好意的に受け止められる。一方で、国鉄改革は反対する労働者を容赦なく切り捨てる激痛を伴った。強権的な手法は、いまの政治につながり、その痛みは社会に広まっていないか。JR不採用となり、運動を長年続けてきた神宮義秋さんが語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます