プロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」の表彰選手が23日に発表され、3年連続最高勝率となったソフトバンクの柳田悠岐外野手が2年ぶりに最優秀選手(MVP)に選ばれた。交流戦史上初の2度目の受賞。12球団最多23打点、同2位の7本塁打を記録するなど好成績を収めた。賞金200万円が贈られる。また、日本生命賞にはパ・リーグから日本ハムの松本、セ・リーグは広島の丸が選ばれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます