学校法人「加計(かけ)学園」の問題で報じられた「総理のご意向」などの記載がある文書を、菅義偉官房長官が当初「怪文書」扱いしたことについて、石破茂・前地方創生相は23日、「文書は残っているわけで、『怪文書』なぞと切って捨ててはいかん」と批判した。文書は文科省の再調査で存在が確認された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます