ミャンマーの小学1年生の教科書が約20年ぶりに改訂され、新学年が始まった6月から一斉に使われている。国際協力機構(JICA)のプロジェクトの一環で、イラストや図をふんだんに使った「日本型」が採り入れられた。今後、2年生以降の教科書も改訂される。味気ない教科書で暗記に偏りがちだった学習方法には不満が強かったが、これを機に同国の教育が変わるか注目されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます