東芝の海外原子力事業の失敗は必然だった――。プラントビジネスの専門誌編集長を長年務めてきた宗敦司(そう・あつじ)さんは指摘する。「原子力ルネサンス」といわれる中で、米原子炉メーカーを買収した名門・東芝は、なぜ坂道を転がり落ちるように業績を悪化させてしまったのか。宗さんは、東芝の経営層の甘い認識によって、買収当初からつまずく可能性があったとみる。そして今のままでは、日本の原発輸出に成算はない、とも言い切る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます