国家戦略特区で獣医学部をつくる事業者に学校法人・加計(かけ)学園が選ばれた経緯をめぐる政府側の説明が変化している。特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)が、獣医学部の空白地域に限り新設を認めると条件を出したことで競合相手の京都産業大は応募を断念したが、政府側は最近になって「京産大は応募できた」などと説明している。過去の説明と矛盾し、一連の経緯をめぐる不透明感は増している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます