自民党の二階俊博幹事長が29日、東京都板橋区で行った都議選の応援演説で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を念頭に「もうこのごろは地元にもあまり帰れない。なぜかと言うと、よく変なものを打ち上げてくる気違いみたいな国があるでしょう」と述べた。精神障害者に対する差別的な表現を使ったため、二階氏は演説後、記者団に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。今後、注意したい」と釈明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます