タリバーン支配下のアフガニスタンで2001年3月、1400年以上前の仏教文化を伝える二つの大仏が爆破されたバーミヤン遺跡。今も深い亀裂が走り、砕け落ちた石は風化が進む。治安の悪化で研究者の渡航が制限され、十分な修復が施せないでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます