長崎市の長崎半島西海岸に分布する白亜紀後期の地層「三ツ瀬層(みつせそう)」(約8100万年前)から、主に二足歩行の草食恐竜が属する鳥脚類の歯の化石35点が発見された。エドモントサウルスなどの「ハドロサウルス上科(じょうか)」のものとみられる。共同調査をした福井県立恐竜博物館と長崎市が18日、発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます