菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の部隊が作成した日報をめぐる防衛監察本部による調査について、いまは監察対象となっていない稲田朋美防衛相からも聞き取り調査をする可能性を示唆した。「防衛監察本部から求めがあれば、稲田防衛相をはじめ政務三役は協力することになるだろう」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます