米海軍の最新鋭の原子力空母「ジェラルド・R・フォード」が22日、就役した。米海軍の新型空母の就役は42年ぶりで、空母11隻態勢となる。「米軍の再建」を目指すトランプ政権は、さらに空母建造を進める計画で、緊迫する朝鮮半島や軍拡を進める中国などに対応する構えだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます