公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が4日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王将戦1次予選決勝で、若手実力者の菅井竜也七段(25)に敗れ、公式戦3敗目(34勝)を喫した。王将戦での敗退が決まり、今年度中にタイトル挑戦の可能性があるのは棋王戦だけになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます