●昆正和著『山のリスクセンスを磨く本』 ネットを活用した登山が増加したことで、従来にないリスクが浮上中。体力も状況も異なる山行記録をうのみにするなど、情報による仮想体験と現実とのギャップも危険を呼び込みやすい。道迷いや悪天候から人間関係まで、経験や山行スタイルを問わずアクシデントが起きやすい状況と…

無断転載・複製を禁じます