東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議のためフィリピンの首都マニラを訪れていた河野太郎外相は8日、一連の日程を終え、帰国の途に就いた。会談相手から父・河野洋平元外相と比べられるなど、存在を感じながらの初外遊。流暢(りゅうちょう)な英語を武器に、まずは「個人的な信頼関係」(河野氏)づくりを目指し、「太郎外交」に取りかかった格好だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます