長崎に原爆が落とされて72年となった9日、長崎市の平和公園で開かれた平和祈念式典では、被爆者代表の深堀好敏(ふかほりよしとし)さん(88)=長崎市=が「平和への誓い」を読み上げた。姉の死を原点に原爆写真の調査を続けて40年近く。これからも原爆の被害を伝え続けると、新たな誓いを立てた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます