日航ジャンボ機が群馬県の御巣鷹(おすたか)の尾根に墜落してから32年。節目とも言われる三十三回忌の年を迎えた中、初めて現場を訪れる人や、新たな家族を伴って再び登り始めた人がいる。共通するのは、亡き人たちを忘れないとの思いだ。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます