スペイン北東部バルセロナの繁華街で17日夕(日本時間18日未明)、バンが歩道に突っ込み、少なくとも13人が死亡、100人以上が負傷した。ラホイ首相は「ジハーディスト(聖戦主義者)によるテロだ」とし、イスラム過激派の犯行だとの見方を示した。欧州では、昨年夏に起きた南仏ニースのトラック突入テロ以降、車を凶器に使う事件が目立っており、ドイツや英国に続き、スペインも標的になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます