ホロコースト(ユダヤ人虐殺)の嵐の中、ロアルド・ホフマンさん(80)は、いまはウクライナの一部になった町の「隠れ家」で生き延びた。長じて世界的科学者になった彼は、この体験を戯曲「これはあなたのもの」に書いた。自分たちを助け、一方でナチスへの協力者も多かったウクライナ人への複雑な思いを込めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます