北朝鮮は26日午前6時49分ごろ、東部の江原道旗対嶺(カンウォンドキッテリョン)付近から日本海に向けて短距離ミサイル数発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。飛行距離は約250キロと推定している。米韓でミサイルの種類など詳細を分析している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます