膵臓(すいぞう)は胃の裏側にあり、画像検査でがんを見つけにくい。自覚症状も乏しく、症状が進んでから見つかるケースが多く、診断後の生存率は他のがんに比べてかなり低い。そこで、かかりつけ医と専門医の連携や血液検査で早期発見しようとする取り組みが始まっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます