マット・デイモンが、手のひらサイズに縮んでしまった――? 環境破壊や資源の消費を抑えるために「人間を小さくする」装置が発明された近未来を描くコメディー「ダウンサイジング」が、8月30日にイタリアで開幕したベネチア国際映画祭のオープニング作品としてお披露目された。格差が広がる社会を風刺する場面もあり、現地で会見したデイモンは「大勢の人に共感してもらえる映画」と自信をのぞかせた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます