将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が2日、東京都渋谷区の将棋会館であった第7期加古川青流戦の準々決勝で、昨年優勝の井出隼平(じゅんぺい)四段(26)に敗れ、4強入りはならなかった。藤井四段は先月24日の対局でも敗れており、プロ入り以来、公式戦初の連敗となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます