江戸時代の悲運の君主・里見忠義と殉死した家臣の八賢士をしのぶ「倉吉里見時代行列」が3日、倉吉市中心部であった。滝沢馬琴の長編小説「南総里見八犬伝」のモチーフになったといわれる里見主従や伏姫に扮した行列が、甲冑(かっちゅう)姿などで赤瓦と白壁土蔵の町並みを練り歩いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます