奈良・興福寺の北円堂(ほくえんどう)で5日朝、日本の彫刻史上最も有名な仏師・運慶(?~1223)の傑作、無著・世親両菩薩立像(むじゃく・せしんぼさつりゅうぞう)(国宝)の魂を抜く法要が営まれた。26日~11月26日に東京・上野の東京国立博物館で開かれる特別展「運慶」(東京国立博物館、興福寺、朝日新聞社、テレビ朝日主催)に出展するためで、近く東京へ運ばれる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます