名古屋城の内堀(空堀)にすむシカ1頭が前脚を脱臼する大けがをした。城内には江戸時代からシカがいたと伝えられるが、今残るのは雌2頭だけ。名古屋市は、天守木造化で居場所が狭くなるとして、よそから雄を迎えるなどして増やす考えはないという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます