「焼肉酒家えびす」で181人が発症し、5人が死亡したユッケ食中毒事件の損害賠償訴訟で、肉を卸した「大和屋商店」(東京都板橋区)と遺族や被害者らの間で和解が7日、金沢地裁で成立した。ただ、遺族らは「一生、事件と向き合っていかなければならない」と言い、怒りとやるせない思いを抱え続けている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます