太陽の表面で起きた大規模な爆発現象「太陽フレア」の影響について、情報通信研究機構(NICT)は8日、地磁気の大きな乱れが観測されたと発表した。南極の昭和基地では、活発に動くオーロラが観測された。通信機器などへの影響は確認されていないという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます