ミャンマーで少数派のイスラム教徒ロヒンギャの人々が治安部隊による掃討作戦で難民になっている問題をめぐり、国連でミャンマー政府への批判が高まっている。民主化運動を率いてきたアウンサンスーチー国家顧問が事実上の政権トップを務めるミャンマーが、安全保障理事会で取り上げられる事態になっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます