加工用の国内産ジャガイモの不足からポテトチップスがコンビニやスーパーの棚から消えた今春の「ポテチショック」を教訓に、カルビーや湖池屋は国内産の安定調達に乗り出す。産地の分散や契約農家の支援、産地と連携した新商品の企画など、取り組みはきめ細かい。農林水産省も増産に向けて側面支援をする。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます