来年7月に30年の満期を迎える日米原子力協定について、米トランプ政権が自動延長を容認することがわかった。ただ、たまり続けるプルトニウムに核不拡散上の懸念があり、米国務省は日本に明確な削減計画を示すよう求める方針だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます