軍事政権下のミャンマーで2007年9月に起きた大規模な反政府デモから10年がたったことを記念し、デモの中心になった僧侶らが25日、最大都市ヤンゴンで式典を開いた。デモではジャーナリストの長井健司さん(当時50)が射殺された。会場には長井さんの写真入りの布が用意され、多くの人がメッセージを書き込んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます