昨夏、自民党東京都連を敵に見立て、瞬く間に都知事にかけあがった小池百合子氏。今年の都議選では地域政党「都民ファースト」を率いて都政を掌握し、今度は新党「希望の党」の代表として国政に関わる。小池氏は何がしたいのか。反安倍政権の「受け皿」の正体とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます