日本銀行の中曽宏副総裁が朝日新聞のインタビューに応じ、金融緩和を終える「出口」で日銀の財務が悪化する懸念について「赤字の可能性もなくはないが事前の対応は十分だ」と述べた。日銀は緩和で大量の国債を買い、出口で保有を減らすと急激な金利上昇も懸念される。中曽氏は資産縮小を始めた米連邦準備制度理事会(FR…

無断転載・複製を禁じます