西武の菊池の調子はよくなかった。「バラついて修正できなかった」。足もつっていた。だが、2四球などで招いた八回無死満塁、残る力を振り絞った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます