阿蘇山噴火時の広域避難などについて県や市町村などが話し合う「県火山防災協議会」(会長=蒲島郁夫知事)の初会合が5日、阿蘇市で開かれた。協議会は2015年改正の活動火山対策特別措置法(活火山法)に基づき設置。以前から入山規制などの避難対策を担う地元自治体主体の協議会と連携し、地元だけでは対応できない対策などを検討していくとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます