東京六大学野球の秋季リーグ戦は8日、神宮球場で第5週の2回戦があり、東大が法大に8―7で連勝し、2002年秋の立大戦以来の勝ち点を奪った。連勝での勝ち点は1997年春以来で、法大から連勝で勝ち点を奪ったのは1928年秋以来となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます