最高裁判所の裁判官が「憲法の番人」にふさわしい人かを、市民の目でチェックする国民審査が22日の衆院選と同時に行われる。今回から、期日前投票も衆院選と同じく公示日翌日(11日)以降に可能となった。審査対象の裁判官がどんな考えを持ち、何の裁判にかかわったのかを、審査の仕組みとともに紹介する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます